新鮮でお得な情報をお届け!

E News

未分類

金運には長財布がいいのか?

投稿日:

これらは、一般に「金品」ないし「貴重品」と呼ばれる価値の高い物品を収納し携帯の便が良いように工夫されたもので、特に携帯性に主眼がおかれているが、その収納機能も携帯に際して邪魔にならない形で、これら物品を機能的に収納できるよう工夫された製品が流通している。

これに収められる物品は、紙幣や硬貨以外にも、クレジットカードやキャッシュカードないしプリペイドカードなどの実質的に金銭に準じた使い方がされるカード類のほか、運転免許証やパスポート、名刺等の身分などを証明・確認し得るもの、あるいは定期券や診察券、ポイントサービスなど各種サービスを受けるためのものを入れることができるようになっているものが多い。

紙幣に特化した「札入れ」や小銭に特化した「小銭入れ」もある。また、小銭入れの部分をもつ財布は「小銭入れ付」として特記して販売されることもある。

デザインによって「男性用(紳士用)」あるいは「女性用(婦人用)」として製品化されているものもある。

なお、利用者の用さえ満たせば、財布として販売された以外の容器も財布として利用されることがある。たとえばハンドバッグは小型の鞄であるが、紙幣を大量に持ち歩く人にとっては、文字通りの財布として使われる場合もある。その一方でクレジットカードやプリペイドカードないし電子マネーで全ての用を済ます人には、それらカードを収める機能を持ったものが財布となり、小銭だけを持ち歩く者がコインケースとして写真フィルムの空きケースを使うなどするケースも見られる。

形状
財布の形状としては長財布や折財布(二折財布・三折財布)がある。また、金属製の口金を持つ布袋状の財布を「がま口」と言うが、これはガマガエルのように大きく開く「口」(開口部)を持つためである。

口部にはファスナーを取り付けたファスナー形と何も取り付けていないオープン形とがあるが、金属製の口金を取り付けたもの(がま口の長財布)もある。

材質
素材としては、牛革・クロコダイル・パイソンなどの皮革のほか、布やポリ塩化ビニルなど一定の耐久性があるものが用いられるが、紙(特に和紙)が素材として使われることもある。

近年は軽くて丈夫な炭素繊維を使った財布も登場した[1]。

-未分類

Copyright© E News , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.


Warning: unlink(/home/kakusim/ec15.net/public_html/wp/wp-content/uploads/uam-pipe): Is a directory in /home/kakusim/ec15.net/public_html/wp/wp-content/plugins/ultimate-ads-manager/admin/class-ultimate-ads-manager-admin.php on line 1080