新鮮でお得な情報をお届け!

E News

未分類

椅子の大事性

投稿日:

椅子とは、こしかけるための家具である[2]。

座るための道具であることから構造的に全ての椅子は「座面」を持っている。典型的な椅子ではこの座面を支えるため「脚」をもっており、さらに「背もたれ」や「肘掛け」が付いているものもある。

椅子は一人掛けと二人以上で腰掛けられる複数掛け(座部が複数あるいは座部が長い等(ソファー))に分けられる[3]。

構造的に座面や脚部を折り畳めるものもある[3]。また、劇場等では座面をはね上げることができるものもある[3]。このほかテーブル、収納部、音響装置、足乗せ台を付加するものもある[3]。

椅子はある特定の人物の座席として用いられることから、地位の象徴でもある[4]。王や貴族などの君主が公的な場所で用いる椅子は玉座という。椅子であること以上に権威の象徴として用いられる。そのために豪奢な装飾が施されている場合がほとんどであるが、機能的には一般的に通常の四つ脚の椅子で、しばしば肘掛けが付く。また逆に「玉座」と言った場合に、それに座るであろう者の権威を暗喩している事もある。

日本では「いす、腰掛け及び座いす」として家庭用品品質表示法の適用対象となっており雑貨工業品品質表示規程に定めがある[5]。

このほか自動車、鉄道車両、航空機、遊技用乗物等に設置するものもある[3](座席を参照)。

椅子などに腰掛けた姿勢を椅座(いざ)と呼ぶが、馬の鞍や自転車のサドルなど、物にまたがった姿勢を特に跨座(こざ)と呼ぶ。


パイプ椅子
鉄製のパイプとクッション材を組み合わせた、安価で大量生産を可能とした椅子。一般的に「パイプ椅子」という場合、収納時に折りたたんで平坦に出来るタイプのものを指すことが多い。
事務用椅子
執務作業で用いる椅子の総称。座面の支柱が一本で、複数に分かれた脚部の先に車輪がついていることが多い。背もたれは金属ばね、ガス圧、油圧を用いた自動復元式が一般的で、少数ながらねじによる固定式がある。パソコン作業向けの製品は、両側に肘掛けを持ち、座面、背もたれ、肘掛けの高さや角度の調節が細かくできるものが多い。
スツール(ストール、ストゥール)(en:Stool (seat))
背もたれやひじ掛けのない椅子。英語では「chair(チェアー)」と区別される[6]。座面が円形のものも多く、それらを丸椅子と呼ぶこともある。以前の郵便物の棚への仕分けなど、席の離着や座ったままの移動が多い仕事向けに、事務用椅子と同様の車輪付きの脚を持つものもある。バーなど、飲食店のカウンター席用の背の高いものもスツールに分類される[7]。
アームチェア(肘掛椅子)
肘掛けのある椅子。
アーロンチェア
ウィンザーチェア
サドルチェア
シェーズ・ロング
エッグチェア
チューリップチェア
デッキチェア
バーバーチェア
バブルチェア
ニーリングチェア
肘掛け
脇息も肘掛けの一種に入る。

-未分類

Copyright© E News , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.


Warning: unlink(/home/kakusim/ec15.net/public_html/wp/wp-content/uploads/uam-pipe): Is a directory in /home/kakusim/ec15.net/public_html/wp/wp-content/plugins/ultimate-ads-manager/admin/class-ultimate-ads-manager-admin.php on line 1080