新鮮でお得な情報をお届け!

E News

未分類

家計簿をつけるときは手書き?エクセル?

投稿日:


「お金を貯めたい!」「なかなかお金の管理がうまくいかない!」では家計簿を始めよう!でも、家計簿ってどうやってつけるの?パソコン?手書き?そんな疑問に答えるべく、今回は家計簿はエクセルvs手書きどちらがいいか、それぞれのメリットとデメリットを上げていきたいと思います。

エクセルでの家計簿の作り方

エクセルのメリット

・なんといっても集計が楽
・パソコンさえあればできる
・自分の好きなデザインに変えることができる
・書き間違えても簡単に直すことができる

エクセルのデメリット

・パソコンがいる
・ある程度のパソコン操作ができなければならない
・レイアウトを自分で考えなければいけない
・関数や数式について理解している必要がある

やはり、最大の特徴は集計が楽であるということ!そして、エクセルのシステムをある程度理解してないといけないということ。しかし、うれしいことに、インターネット上では無料で使える家計簿のテンプレートというものがあります。

オススメのテンプレートは

1.Office.com テンプレート(https://templates.office.com/?legRedir=true&qu=%e5%ae%b6%e8%a8%88%e7%b0%bf&CorrelationId=e55f390a-da83-458c-929a-2d332ad0f0ab)
2.無料EXCEL家計簿(https://www.vector.co.jp/soft/win95/home/se476040.html)
3.無料エクセルファイル(家計関連)(http://yu-kikaikei.com/other/kakeibo.html)
などです!

また、実際にイチから作りたい!という方は、ぜひこのサイトを参考にしてみてください!
https://allabout.co.jp/gm/gc/63764/

簡単に説明すると
1.横軸に月日、縦軸に収入、支出、収支の項目をつくる
2.収入、支出の合計欄に=SUM(〇:△)と記載する。〇△は集計したい項目。〇+△ということ。
3.収支の欄に=◇-◆と記載する。◇:収入の合計。◆:支出の合計。
と、行います。


手書きでの家計簿の作り方

手書きのメリット

・自分で書くために達成感がある
・市販の家計簿が売られている
・自分でノートや手帳をアレンジして書いてもよい

手書きのデメリット

・書くのがめんどくさい
・計算に手間がかかる

手書きの家計簿を利用するにも、3つの方法があります。

1.市販の家計簿を使う
すでにレイアウトが決まっており、空白を埋めるだけで家計簿が出来上がる優れもの!本によって色んな項目があり、シンプルなものや、ボリュームたっぷりなものまで、様々なものがあります。

オススメの市販の家計簿は、こちらです
・細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする 家計ノート 2018 (LADY BIRD 小学館実用シリーズ)
・レシート貼るだけ! かんたん家計簿
・かんたん! 袋分け家計簿セット
・ミドリ 家計簿 A5月間 かんたん レース柄
・リラックマ家計簿2018 (別冊すてきな奥さん)

2.ノートを家計簿に変身させる
自作のノートで家計簿を作る方法もあります!レイアウトから項目まですべて自分で考えることができるので、イチから自分で作ってやる気を高めるぞ!という人にはオススメ。枠を作るのがめんどくさいなあ…。という人にはあまり向いていません。

3.手帳を家計簿に変身させる
手帳+家計簿なので、利便性が高い!1冊ですべてが管理できます!しかし、手帳にはあまりスペースがないので、そこをうまく工夫する必要性があることと、もしその1冊を落としてしまったら個人情報ダダ漏れ…という恐れがあります。

-未分類

Copyright© E News , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.


Warning: unlink(/home/kakusim/ec15.net/public_html/wp/wp-content/uploads/uam-pipe): Is a directory in /home/kakusim/ec15.net/public_html/wp/wp-content/plugins/ultimate-ads-manager/admin/class-ultimate-ads-manager-admin.php on line 1080