新鮮でお得な情報をお届け!

E News

未分類

今や必需品のタブレット端末

投稿日:

コンピュータにおけるタブレット(英: tablet)、あるいはスレートPCとは、板状のオールインワン・コンピュータやコンピュータ周辺機器に与えられるカテゴリー名称である。本項では主に携帯機器としてのそれを説明する。

人類は古代から文字や図を書き読むために粘土板や石板(携帯型の黒板を含む)や木の板(木簡など)といった板状の器具を利用してきた。これらはタブレットと呼ばれ、この小片を持ち歩き、様々なものを記録し、あるいは他者に示して情報の共有を行ってきた。現代においては、形状の類似性から8ビットパソコンの時代からコンピュータに関連する分野において、ポインティングデバイスのうち板状の形態のものが「タブレット」、あるいは操作するための専用のペンを必要とすることから「ペンタブレット」と呼ばれている[1][2]。また「タブレット」とは呼ばれなかったにせよ、また当時の技術的限界もあってそれほど強力な処理能力を備えてはいなかったが、板状の筐体にディスプレイと操作を入力するためのボタンなどを備えた電子機器や、特殊な形態のパソコンとしてのタッチパネルを備えた機器は存在していた(後述)。

しかし2002年に板状筐体にパーソナルコンピュータ(パソコン)の機能をすべて盛り込みオールインワンとしたタブレットPCが発売され、「タブレット」の語はコンピュータ周辺機器としてのみならず、デスクトップパソコンやノートパソコンのようなパソコンの一形態としても用いられるようになっていった。この板状のコンピュータは、本体にCPUおよびメインメモリや補助記憶装置といったコンピュータとしての主機能から、表示装置およびタッチパネルといったユーザインタフェースも組み合わせた携帯機器であるが、この当時は後述するような「特殊な用途向けパソコン」としての性格が強かった。しかし2010年にアップルからiPadが、さらにこれに続くように各社から高性能で様々に利用できるタブレット形態の携帯情報端末が一般向けに数多くリリースされ、一大市場を形成するに至った。これらはタブレットコンピュータと呼ばれたり、インターネットを含むコンピュータネットワーク上のサービスを利用するための端末としての性格からタブレット端末とも呼ばれている。

2011年以降、後述するような一大市場を形成するにいたったタブレットコンピュータは、板状の筐体の中に、コンピュータ本体、入力機器としてのタッチパネル(それに加えていくつかのボタン)、表示装置としてのディスプレイやスピーカーなどが内蔵され、それ単体で情報処理能力、および直感的で操作しやすいインターフェイスやアプリケーションを持ち、また必要に応じてユーザーが自由にアプリケーションを導入することで様々な利便を提供する。

2016年現在では、既存のタブレットコンピュータにさらに付加価値を加えるべくワンセグやフルセグ受信機能といったテレビ受像機の機能やおサイフケータイを含む様々な機能を追加した製品も発売されており、スマートフォンを大型化してタブレット端末との境界が曖昧化したファブレットと呼ばれる製品も出回っている。

-未分類

Copyright© E News , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.


Warning: unlink(/home/kakusim/ec15.net/public_html/wp/wp-content/uploads/uam-pipe): Is a directory in /home/kakusim/ec15.net/public_html/wp/wp-content/plugins/ultimate-ads-manager/admin/class-ultimate-ads-manager-admin.php on line 1080