新鮮でお得な情報をお届け!

E News

未分類

バッグ鞄を買うなら通販がよい?

投稿日:

鞄(かばん)は、荷物の運搬を目的とした取っ手がついた主として革や布でできた袋状の服飾雑貨のこと。バッグ(bag)とも言う。服飾雑貨として認知されない袋状のものは取っ手がついていても単に「袋」と呼ばれ、主に収納目的のものは「ケース」と呼ばれることが多い。

鞄には、ヒトが持ったり体に密着させたりするための1本か2本の取っ手やショルダーストラップ(肩掛け)、まれではあるがウェストバッグのように体に巻きつけるベルトがついている。また最近では、ベスト型の着る感覚の鞄も開発が進められている。袋の口はジッパーやボタン(口金式)、紐、あるいは折りたたんで封ができるものが多く、旅行用鞄やアタッシェケースは施錠ができる。主となる袋状の収納空間以外にポケットや間仕切りを用いて、整頓し易さや取り出しやすさを工夫してあることが多い。

素材は革や化学繊維(ナイロンなど)・綿・麻などを織った布が一般的である。加えて、金属、竹や籐の植物、ポリ塩化ビニル、ビーズなども使われる。近年は軽くて丈夫な炭素繊維も使われている[1]。

鞄は用途や運搬者によって大きさが違う。ポーチと呼ばれる財布が1つ入るほどの小さな鞄から、ゴルフクラブ一式を入れることができるゴルフバッグに至るまで、さまざまな大きさがある。

市販される鞄の価格は、100円ショップで求めることのできるような安価なものから、グッチ、シャネルなどブランドとして確立した鞄のように数十万から数百万円する高価なものまで、こちらも多様である。

なお、日本では家庭用品品質表示法の適用対象となっており雑貨工業品品質表示規程に定めがある[2]。

日本に革鞄が導入されたのは、一説には、フランスに滞在していた商人山城屋和助が1893年(明治6年)に持ち帰り、職長森田七が模倣して作ったのが初めてと言われる[3]。

キャリーバッグ(英:Carrier bag)
持ち運びに用いる小型から中型の鞄。手に持つタイプや肩に掛けるタイプなど、いろいろな形がある。紙またはプラスチック製の買物袋。
クラッチバッグ
肩ひものついていない小型のハンドバッグ。
ケリーバッグ
女性用ハンドバッグの一種。元祖はエルメスの旧「サック・ア・クロア」。
セカンドバッグ
手で抱えて持つ小型の鞄。従来は大型の鞄の中に入れて用いられていた。
ダレスバッグ(ドクターズバッグ、ロイヤーズバッグ、フレームトップケース、トップフレームブリーフケース)
マチ幅の広い口金式のブリーフケースをいう。アメリカのダレス特使が愛用していたことから日本の鞄専門店が自社製品にこの愛称をつけたが、アメリカでは携行品の多い医師が多用することからドクターズバッグ(Medical bag)、あるいは多数の書類を持ち歩く弁護士が多用することからローヤーズバッグ(Lawyer’s bag)といわれる。また、イギリスでは鞄の上側開口部が口金構造であることからフレームトップケース(Frame Top Case)、あるいはトップフレームブリーフケース(Top Frame Briefcase)と呼ぶ。素材は硬くて厚い牛革が用いられることが多い。かつては堅牢かつ容量自在なブリーフケースとして普及していたが、ナイロン製の軽量鞄に普及に押され気味である。Mr.ビーンも使用している。

-未分類

Copyright© E News , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.


Warning: unlink(/home/kakusim/ec15.net/public_html/wp/wp-content/uploads/uam-pipe): Is a directory in /home/kakusim/ec15.net/public_html/wp/wp-content/plugins/ultimate-ads-manager/admin/class-ultimate-ads-manager-admin.php on line 1080