新鮮でお得な情報をお届け!

E News

未分類

みんなから愛されているーいつも笑顔で明るく楽しいサザエさん!ー

投稿日:2018年5月5日 更新日:

サザエさんの年齢は?

サザエさんとは?

皆さんは、サザエさんをもちろんご存知だと思いますが、

サザエさんが最初、福岡の地方新聞夕刊の4コマ漫画からスタートしたことをご存知でしたでしょうか?その後、朝日新聞の夕刊から朝刊の4コマ漫画連載へと移ることになりました。
サザエさんは、日常生活を舞台に繰り広げられている、ほのぼのとした人気アニメ漫画として有名ですね。サザエさんを知らないという人はいないのではないでしょうか?

サザエさんは、時代背景を上手く取り入れられながら笑顔と笑い声が多い場面が頻繁に登場するので自然と、サザエさんの漫画の中に引き込まれますね。

「年始めのハワイ旅行」、「波平とフネとの二世帯同居」、「近所づきあい」など、実際大変だろうなと思えることでも、いつも笑顔でいるサザエさんは周りの人の人気者です。

サザエさんの登場人物の年齢は?

サザエさんに登場している人達は年を取りませんが、何歳くらいなのでしょうか?

フグ田サザエさんは24歳、サザエさんを取り巻く人たちによって呼ばれ方も色々で。マスオ、波平とフネからは「サザエ」、弟と妹のカツオとわかめちゃんからは、「姉さん、お姉ちゃん」と呼ばれています。

タラちゃんからは「ママ」、カツオの友人たちからは「磯野のお姉さん」、従弟やその他の人たちからは「サザエさん」と呼ばれています。

・フグ田サザエ24歳 ・フグ田マスオ28歳 ・フグ田タラオ(タラちゃん)3歳

・磯野波平54歳、磯野フネ52歳、磯野カツオ11歳(カモメ第三小5年)、磯野ワカメ(カモメ第三小3年)

・波野ノリタケ25歳、タイコ27歳、イクラ(1歳)

サザエさんの家系図は?

サザエさんは、1946年から人気アニメTV番組として連載されているので、実際の年齢に換算すると、70年以上もたっているので、90歳超えていることになります。波平とフネは110歳を超えてるんですよね。これにはびっくり。

サザエさんは、二世帯同居…

サザエさんの住居設定は、磯野家とフグ田家の二世帯同居で、サザエさんにしてみると、家族と一緒に暮らしているので、理想的ともいえると思います。

波平とフネにしてみても、自分の娘夫婦と暮らせているので安心です。

サザエさんは、性格も明るいし、非常に恵まれた環境に暮らしていますよね。

サザエさんの家系図は、磯野家、フグ田家、波野家が主な構成

サザエさんの旧姓は磯野、新姓がフグ田です。

フグ田家はサザエさんとマスオ(夫)、タラオ(3歳の子)の3人家族です。

磯野家はサザエさんの実家で、波平(夫)、フネ(母)、カツオ(弟)、ワカメ(妹)の4人家族です。

波野家はサザエさんの従弟ノリスケ、タイコ(ノリスケの妻)、イクラ(1歳の子)の3人家族です。

波平は海平となぎえ、3人兄弟でノリスケの母がなぎえです。

サザエさんの父「波平」とノリスケの母「なぎえ」が兄弟同士、つまり、サザエさんとノリスケはいとこ同士ということになります。

サザエさん症候群って何?

サザエさんは、日曜日夜6時30分から7時にフジテレビで放送されているアニメ漫画ですが、サザエさんを見る見ないにかかわらず、日曜日の夕方から夜中にかけて、次の日の月曜日から始まる通学や通勤のことを考えると憂鬱な気分になり、体調不良や倦怠感に陥ったことはありませんか?

このことがサザエさん症候群と呼ばれている症状のことです。

精神的にもふさぎ込むことがあり人によっては頭痛や吐き気をもよおすといった身体症状が現れることもあるのです。

サザエさん症候群の原因と改善方法

サザエさん症候群に陥りやすい人は、平日と休日の過ごし方のギャップが大きい人がなりやすいです。

例えば平日は仕事が忙しくて十分な睡眠時間が取れずに休日になると家で寝てばかりいる、あるいはどこへも出かけずに家の中でごろごろしているという人がなりやすいです。

サザエさん症候群にならないようにするためには、平日と休日の生活リズムをできるだけ隔たりがないようにすることがポイントです。

例えば、平日と同じ時刻に起床する、外出の予定を立てて、休日でも行動的な生活を送るようにします。

サザエさんのスポンサーは?

サザエさんのスポンサーは東芝でしたが、2018年4月から新スポンサーは大手ネット通販サイトの「アマゾン」に変わりました。
サザエさんは国民的人気アニメ番組、最高視聴率が約39.4%を記録したこともありましたが、2014年には20%台。2016年には1ケタ台にまで落ち込んでいました。

2018年2月には10%台、少し持ち直しました。視聴率が下がったとはいえ、サザエさんの視聴率はアニメ番組では、トップクラスです。

サザエさんは、1969年に放送が始まり、約48年間にわたりスポンサーを務めてきた大手電機機器メーカーの東芝が、企業経営合理化のため、2018年3月末で降板しました。

国民みんなに親しまれてきた東芝のオープニングナレーション、「エネルギーとエレクトロニクスの東芝がお送りいたします」はもう聞けなくなりました。

アマゾンは、低迷したサザエさんの視聴率をどのような経営戦略で盛り上げるのでしょうか?

-未分類

Copyright© E News , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.


Warning: unlink(/home/kakusim/ec15.net/public_html/wp/wp-content/uploads/uam-pipe): Is a directory in /home/kakusim/ec15.net/public_html/wp/wp-content/plugins/ultimate-ads-manager/admin/class-ultimate-ads-manager-admin.php on line 1080